地球に優しいエンジンへ!中古トラック売買のキーワードとは

MENU

目次

エンジンは進化する

車にとってエンジンとは、人間の心臓に相当します。
トラックやバスのような大型の自動車は、ディーゼルエンジンを搭載しています。
大型の車を動かすには、大きなパワーが必要です。
軽油という着火性の高い燃料を用いたディーゼルエンジンは、まさに打ってつけなのです。
ガソリンに比べて燃費が良いことも、ディーゼルエンジンの魅力といえます。
大型トラックなどは長距離を移動しなければならない場面も多いため、燃費の良さは大きなメリットです。
ただし、ディーゼルエンジンは有毒ガスの排気量が多いため、環境への影響が懸念されているのも事実です。
環境への配慮から、ディーゼルエンジンには排気量に対する数々の規制が敷かれました。
ガソリンエンジンと比べて製造費用が高額なのも、排気量対策が1つの理由といえます。
そうした苦難を乗り越えながら、現在も生き続けているのです。
ディーゼルエンジンの仕組みと軌跡は、自動車業界の進化の歴史といっても過言ではありません。
中古トラックを買いたい、売りたいと考えている方は、エンジンの質にもこだわりを持ちましょう。
 
自分のトラックに装着されているエンジンが高額で取引されていれば、その分高い買い取り額を期待出来ます。
それは新しいエンジンであるほど良いというわけではないため、常にアンテナを張っている必要があります。
また、環境に優しいエンジンならば、燃料にかかるランニングコストを抑えてくれるのです。

トラックエンジンの発展とトラックの上手な売り買いは切っても切り離せない関係といえるのです。

 

 

 

ディーゼルエンジンのメカニズム

ディーゼルエンジンという名前の由来は、開発者であるルドルフ・ディーゼルというドイツ人からです。
車のエンジンとして採用されたのは、ガソリンエンジンから50年遅れた1930年からになります。
自動車での実用化が大きく遅れたのは、小型で高性能な燃料噴射ポンプが完成しなかったからです。
ディーゼルエンジンのメカニズムの核心は、空気の圧縮です。
圧縮された空気は高温となり、そこへ軽油が着火することで爆発的なエネルギーを生みます。
それゆえ、圧縮した空気へ持続的に軽油を注ぎ続けるための燃料噴射ポンプが、ディーゼルエンジンには不可欠なのです。
ガソリンエンジンでは、空気を一定以上圧縮することは出来ません。
空気の圧縮率と熱伝導性、いわゆる燃費は比例関係にあるため、ディーゼルエンジンの方がガソリンエンジンよりも燃費が良いのです。
ただし、大きな空気の圧縮は、エンジンそのものに大きな負担がかかります。
その負担に耐えうるようなエンジンを作るには、必然的に重い材質を使わなければいけないのです。
製造コストがかかる理由もここに帰結します。
高出力であるがゆえに、ディーゼルエンジンは煤などの粒子状物質の排出量が多いのがデメリットです。
環境問題との兼ね合いから、各メーカーがこの課題に取り組んできました。
中古トラックの中でも、優れたエンジンを持つ車両は高い価値を誇るのです。
現在では軽油を燃料とすることがほとんどですが、ディーゼルエンジンは着火性のあるものなら何でも燃料として活用可能です。
資源の少なかった1930年の日本では、菜種油などの植物油が使えるエンジンとして重宝されました。

ガソリンは飛行機に回さざるを得なかったため、トラックはディーゼルエンジンと共に開発が推進されたのです。
 

 

 

 

軽く遠くに、環境に優しく

1930年代といえば、太平洋戦争開戦の直近です。
トラックメーカーとして有名ないすゞの前身となる企業は、
陸軍からの要請に応じディーゼルエンジンを開発したことをきっかけに成長しました。
ディーゼルエンジンに課せられた問題は、燃費の向上と排気量の削減、騒音対策など多岐に渡ります。
コストカットや耐久性も忘れてはいけません。
耐久性といえばボディに目を向けがちですが、
何年経っても取引される中古トラックのエンジンは、耐久性が段違いなのです。

 

基本性能向上のために、各メーカーは数ある中から燃料への着火性の向上を第1の課題と考えました。
最初期のディーゼルエンジンは、副室式というタイプになります。
副室式の中にも、過流室式と予燃焼式の2種類があります。
どちらも、エンジン内部の副燃焼室というスペースで燃料を燃やし、
そこで発生した火炎を主燃焼室に送り込むという仕様です。
副燃焼室であらかじめ燃やした方が、燃焼を安定させられるためこの方式が生まれました。
過流室式の副燃焼室は、球に近い形状をしています。
主燃焼室との境目にある狭い通路で火炎を絞り込み、渦を発生させて主燃焼室へとつなげるのです。
渦を用いないで、直接副燃焼室から主燃焼室へと火炎を送る方法が予燃焼式になります。
副燃焼室を設置するということは、その分エンジン全体の構造が複雑化します。
構造が複雑なエンジンほど重量が増加するため、コスト面では優れているとはいえません。
また、火炎を送り込む過程で熱量を大きく損失してしまうのも問題です。
こうした問題点を抱えながらも、副室式は直噴式が誕生するまで長期間ディーゼルエンジンの主流として活躍していました。
 

 

 

 

効率化を目指して

直噴式とは、その名の通り圧縮した空気に直接燃料を送り込み着火させるという方式です。
エンジンの構造が簡略化されるため、熱伝導の効率が向上するのが魅力です。
直噴式で工夫されるのは、燃焼室ではなく燃料を放射するノズルとポンプになります。
これらの部品の品質を上げるには、副室式以上のコストがかかります。
燃焼による圧力も増大するため、振動や騒音が大きくなるのも難点です。
しかし、大型トラックでは何よりも燃費が重要視されるため、
1970年代のオイルショック以降、多くの大型トラックが直噴式のディーゼルエンジンを採用しました。
ヨーロッパでは日本よりも早く直噴式が導入されていたため、そちらを参考にした企業も存在します。
直噴式の燃焼力を支えているのが、ピストンに彫られた凹みです。
この凹みが燃焼室の役割を果たしており、ここで過流となった火炎が大きなパワーを生み出すのです。
排気ガス対策としてはコモンレール式ディーゼルエンジンが、1990年代から活躍しています。
これまでのディーゼルエンジンは、ポンプから燃料を噴射するときに圧力をかけることが普通でした。
コモンレール式では、高圧にした燃料をあらかじめパイプの中に溜めておき、必要に応じて噴射するのです。
燃料の圧力と噴射量を分離して制御するため、エンジンに高負荷がかかっているときに圧力を高めることが可能なのです。
これによって、不完全燃焼を抑制し粒子状物質の削減につながります。
すなわち、今まで無駄にしていた燃料さえも、効率よく燃やすシステムへと進化したのです。

中古トラックの広告の中に「環境に優しい」と表示されている場合は、コモンレール式を採用している場合がほとんどです。

 

 

 

 

 

環境問題との戦い

廃棄規制の初期段階は、一酸化炭素と炭化水素の削減が至上命令でした。
時代が進むと、地球温暖化の原因である二酸化炭素をはじめとした窒素化合物を排出しないようなエンジン作りが求められます。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、
構造の違いからこれらの物質への対処法も当然異なってきます。
ガソリンエンジンは、一酸化炭素と炭化水素を酸化させ、
窒素化合物は還元させるという方法を採っています。
排気管の後にこうした機能を持つ三元触媒を装着するのです。

 

一方ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも空気の入る隙間が大きいため、
一酸化炭素と炭化水素はガソリンエンジンよりも排出されません。
問題は窒素化合物です。
当初はエンジンの回転数を下げることで規制をクリアしていましたが、
厳しくなるにつれて各メーカーは頭を悩ませることになります。
窒素化合物はエンジン内に残存した酸素と空気中の酸素が結びつくことで発生します。
ディーゼルエンジンでは、構造上燃え残りを少なくするのは困難なのです。
粒子状物質の規制も、ディーゼルエンジンに重くのしかかってきます。
粒子化合物と窒素化合物の対応策は「あちらを立てればこちらが立たず」の状態にあったのです。

 

コモンレール式は、そうした要望に応えるために開発されたといっても過言ではありません。
環境税の徴収が世界的な流れになっています。
中古トラックを買う場合も、環境に配慮したエンジンの方が税金がかからないのです。
ボッシュという企業が生み出した第3世代型コモンレールでは、
燃料噴射圧力を最大限まで向上させて、粒子状物質の削減に努めています。
噴射ノズルにピエゾインジェクターを用いたこのディーゼルエンジンは、
世界の新たなスタンダードとして君臨しているのです。

 

 

 

 

 

ドライバーの意識改革

1970年代からは騒音規制も始まりました。
マフラーの二重装着やタイヤの工夫が騒音対策として挙げられます。
ただし、どれだけ車が進化したとしても運転する私たちが使い方を誤ってしまっては意味を成しません。
全日本トラック協会では、環境基本行動計画の一環としてエコドライブ運動を行っています。

 

エコドライブとは、車にも環境にも優しい運転のことです。
急発進や急加速、急ブレーキを控える、タイヤの空気圧を常に適正にしておくといった方法が良い例です。
運送業のトラック運転手に対しては、アイドリングストップの徹底も提唱しています。
鍵を腰に付けた縄に結び付けておけば、
運転席を離れる際に必ずエンジンをストップしなければいけません。
このような「キー抜きロープ」の普及運動もエコドライブの1つの手段です。

 

粒子状物質の排出を抑えるには、日頃の点検を欠かさないことが絶対条件といえます。
「黒鉛NO!」と書かれたステッカーを配布することは、そのような意識づけを図る運動です。
全日本トラック協会とは、貨物の輸送に関わるトラック事業の発展を目的としています。
政府と緊密な関係を築きながら、行政とトラックドライバーの架け橋の役割を担っているのです。
環境に関することがらだけではなく、ドライバーの健康と健全な勤務体制の保持という職務も重要です。
そうした活動の1つとして、一定期間で巡回を行い、各会社の安全対策が充分かチェックいています。
交通事故の実態を調査し、再発防止のためのセミナーを開くことでトラックドライバーを危険から守っています。

 

 

 

 

 

車の基本も足元から

ハイキングと結婚式に履く靴が同じという人はいませんよね?
出掛ける場所によって靴を変えるのは、人間もトラックも同様です。

 

トラックのタイヤに求められているのは安全性や軽量化、耐久性などです。
自分が運転する路面に合わせて、こういった条件の中で何を重視するか決定します。
軽量化を求める場合は、タイヤよりもホイールにこだわりましょう。
スチール製のタイヤは耐久性優れていますが、
重量面や放熱性を考えるとアルミの方が数倍お得です。

 

タイヤにかけられる重量も、厳しく規定されています。
1つのタイヤに対する荷重が過剰だと、大きな事故につながりかねません。
車軸の多い車は、タイヤへの負担が軽減出来るのです。
タイヤ表面の溝をトレッドパターンといいます。
最も一般的なのは、リブ型といわれる縦方向への溝になります。
タイヤにかかる摩擦と騒音が小さいため、
舗装された道を走るのに適しているのです。
横に溝が刻まれているトレッドパターンは、ラグ型と呼ばれています。
走行する方向と直角に溝が刻まれていることで、グリップが効きやすいのが特徴です。
車両重量の大きいダンプカーや悪路走行にピッタリなタイヤです。
リブ型とラグ型を合わせ持ったものをミックス型といいます。
様々な地形に対応することを目指して開発されたタイヤです。

 

スパイクタイヤが禁止された昨今では、
新たな冬用タイヤが続々と姿を見せています。
雪道で滑る理由は、
タイヤ表面に付着した水が路面とタイヤの摩擦を減少させているからです。
表面の水を素早く取り除けるような細かい溝で構成されたトレッドパターンが、
スリップを予防する冬タイヤの理想像です。
中古トラックで節約した分のお金は、ぜひともタイヤへまわしましょう。
 

 

 

 

旬の食材の立役者

九州に住んでいる人が、北海道の旬の鮭を食べたいと思ったときどこへ行くでしょうか?
ほとんどの人はスーパーへ駆け込むことでしょう。
日本では、旬であれば全国どこでもその味を楽しむことが出来る環境にあります。
この状況を支えているのがトラックです。
その仕組みを見ていきましょう。

 

北海道から空輸された鮭は、まず大型トラックによってトラックターミナルへ運ばれます。
これは、鮭に限った話ではありません。
トラックターミナルに運ばれた品物は、
そこから中型もしくは小型トラックによって各小売店へ輸送されるのです。
プラットホームでは、数百に及ぶバースと呼ばれるスペースを運送会社が分け合って使用しています。
バースとはトラックが積み荷をする場所のことです。
積載作業では、フォークリフトが欠かせません。
ターミナルの職員だけでなく、
トラックドライバーも一緒にいち早く荷物を積むことが要求されるのです。
ターミナルには全国から24時間荷物が届きます。
それに対応する様子はまさに「眠らない街」と表現するに値します。
なぜ「街」なのかというと、トラックターミナルにはコンビニや
レストランはもちろんのこと、コインランドリーや診療所まで完備されているからです。
主役であるトラックをメンテナンスする施設も万全です。
付近には、中古トラック販売業者が控えているターミナルも存在します。
ガソリンスタンドや修理工場、タイヤショップなどでトラックの疲れを癒してあげることも可能となっています。

これほどまでに巨大な施設によってトラックによる物流、さらには私たちの生活が支えられているのです。

 

 

 

 

 

トラック維持にかかる費用とは

トラックドライバーには、個人で所有する人と会社のトラックを借りて働く人がいます。
今より稼げる仕事をしたいということで、トラックドライバーに転職する人も少なくありません。
ちなみに、事業用トラックは、緑色を基調としたナンバープレートになります。
白いナンバーのトラックはあくまで自家用です。
緑ナンバーのトラックしか、運送による報酬の取得を許されないので注意しましょう。

 

もし自分がフリーのドライバーになった場合、トラックの維持費はどれくらい必要なのでしょうか?
自動車を所有するうえで切り離せないのが車検時の保険です。
事業用自賠責保険は、自家用に比べて高額な設定となっています。
小型トラックは約4万円、中型以上は約5万円が平均です。
事故に遭った場合のことを考えて、出し惜しみしないようにしましょう。
自動車税は小型なら1万円足らず、中型なら1万5千円、大型になると4万円まで上昇します。
自動車重量税も大きな負担といえます。
小型や中型は多くても3万円前後ですが、大型トラックは10万円以上かかります。

 

こうした費用を考えただけでも、
トラック購入はある程度の覚悟を持たなければいけないというのがお分かり頂けるでしょう。
維持費はどんな車においても必須要件なので、節約することは不可能です。
それでもなるべく無駄な出費を減らしたいなら、
トラックの値段そのものを安くするほか無いのです。
そんなときにオススメなのが中古トラックです。
 

 

仕事で使う車を中古で買うのは不安という方もいるでしょう。
中古トラックにしかない魅力を知って頂ければ、その思いが杞憂であったことが確認出来るはずです。

 

 

 

愛情と歴史が詰まった中古トラック

新車よりも中古車の方が、自動車取得税の値段が安いのも魅力の1つです。
トラックは、乗用車に比べて新陳代謝が遅い傾向にあります。
その分、販売店に置かれている新車は少なめです。
中古トラック販売店ならば、型番は古くてもまだまだ現役という車が豊富に揃っています。

 

バックオーダーを利用すると、決めた予算のうちで買いやすいのも良いですね。
納車期間が新車に比べて早いため、
すぐにトラックを手元に置きたいという人にもオススメです。
販売店を訪れた際に、本体価格しか提示していなかったら注意しましょう。
本体価格とはトラックそのものの値段です。
お店の人に税金や整備費用、
車検などをすべて合わせた「乗り出し価格」を必ず聞いてください。
中古トラックを売りに出したいとき、
大切にしたいのは見積もりとアフターケアです。
面倒だからといって、1つの店舗だけに見積もりを依頼して終わりというのは勿体ないことです。
いくつかの店舗を渡り歩くことで、自分の車両の相応しい査定額を知ることが出来るのです。

 

ただし、安さだけで買い取り店を決めつけてはいけません。
書類手続きが迅速であるか、買い取った後のケアは適切か。
こういった点を重視せずにいると、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れを拭いきれません。
販売店によっては、出張査定をしてくれるところもあるので、そちらを利用するのも良いでしょう。
査定額を上げるためには、大きな傷を修理する、
綺麗に洗車しておくといった努力も忘れずに行いましょう。
素晴らしい中古トラックとの出会いは、1日にして成らず。
ゆっくり時間をかけて、最高の相棒を探し出しましょう。

 

 

 

 

 

環境性能を高めた最先端トラック

普通乗用車の技術も進歩がすすみ、
自動ブレーキシステムやハイブリッドエンジンなどさまざまな機能が搭載されています。
同様にトラックも技術開発がすすみ、
最先端技術を搭載したトラックも見られるようになってきました。

 

トラックの大きさにもさまざまなタイプがありますが、
大型の車体を動かすためには多くのエネルギーを必要とするため
燃費の面では決して環境性能がいいとはいえませんでした。
しかしエンジンの技術開発に力を入れて燃費の向上性を改善することに成功しているのです。
トラックは大きな荷物や大量の荷物などを運搬できると言うメリットがありますが、
トラックを走行させるために使用するガソリンを多く必要としてしまうため維持費がかかりがちです。
しかも宅配便のトラックのように近距離の走行で
しかもエンジンの駐停車が多くなってしまうような走行を繰り返すと燃費も悪くなります。
燃費を向上させることで維持費が安くなるのはトラック所有者にとってとても助かります。

 

また車は排気ガスによって環境を汚してしまうため、
車の排気ガスを抑える技術開発にも各自動車メーカーが力を入れているのですが、
トラックにもその動きが見られます。
トラックを製造開発しているメーカーでは排気ガスを抑制するための研究開発を行って、
その技術をトラックに搭載しているのです。
こういった最先端技術を搭載したトラックは今後もどんどん市場に出回ってくるでしょう。
中古トラック市場で最先端技術のトラックを購入しようと考えると、
まだ欲しい機能によっては流通量が少ないことも考えられます。

 

 

 

 

トラックにも自動運転システム

昨今では車の自動運転の技術開発がすすめられており、
テレビCMで普通乗用車での自動運転が放送されています。
実際に一部の自治体では近い将来に自動運転のタクシーを運行する計画もあるほどです。
この自動運転の技術をトラックにも取り入れる計画が進行しているのです。
一般道でも高速道路でもトラックが絡む交通事故の件数は少なくはありません。
事故を起こしてしまった事故には、
ドライバーの不注意によって引き起こされた事故も少なくないのです。
自動運転が実施させることで期待されるのが、
安全なトラック走行ですがその点は問題ないのでしょうか。
トラックを自動運転させるための研究と実験がすすめられているのですが、
その安全性がかなり実用に近い段階まで高められていることが実験の結果からわかっているのです。
トラックの自動の実験では、トラックを数台連ねて道路を走行させたのですが、
その際には一般車両が走行している中でも
車群を組めるトラックを見つけてそれと車群を組む技術、
一定の車間距離を保って走行する技術、
車線を読み取って車線内を走行する技術、

障害物が見つかったときの衝突回避機能などを試す走行が行われました。
その実験ではかなり良い結果が得られていますので、
さらなる実験を重ねて実用化をすすめていくでしょう。

 

あと何年か後にはこういった
自動運転のトラックが走行しているのを見かける機会が増えるかもしれません。
自動運転トラックを購入することで人件費削減効果も期待できます。
まだ本格導入されていない自動運転を行ってくれるトラックが
中古トラック市場に出るのは、少なくともあと20年はかかりそうです。

 

 

 

 

トラックの需要は今後もますます増える

昔よりもはるかにトラックの需要は高まっていると感じますし、
今後もその需要はますます高くなると考えられます。
その理由はネットの普及が大きく影響しているからです。

 

この数年で私達の生活はネットのおかげで便利になりました。
ネットショップを利用すれば、自宅や職場にいながら買い物をすることができて、
しかも買った物を指定した場所に届けてくれるのです。
昨今では女性の社会進出もすすみ、共働き家庭が増えました。
また単身世帯は買い物する場所が近くになりなどの理由で、
ネットから日用品を買い物する方が増えたのです。
予めネットから注文していた商品を指定した時間に届けてもらう、
もしくは自宅の前にボックスを置いておいてそこに配達してもらった商品を保管してもらうなどして、
買い物時間を短縮しているのです。
また地方では都心と比べてお店の数が少なく、
欲しいと思っている商品が近くのお店で購入できないこともあります。
例えば欲しいと思っているブランドの洋服も、
それを扱っているお店が近くにないと購入することができないのです。
それらの品もあえてお店まで出向かなくても購入できるようになったのは、
インターネットショップの普及のお蔭です。
そういった意味でもトラックは流通業界で果たす役割は大変大きいと言えるのです。

今後もインターネットを利用した買い物やその他サービスの需要は増えていくと思いますので、
トラックが果す責任や義務もますます大きくなるでしょう。
トラックの業務量が増えることにより、
中古トラックや新車トラックの販売台数が増加したり、
買い替えサイクルも短縮されるかもしれません。

 

 

 

 

トラックもクリーンディーゼルの時代へ

今日本でエコカーの主流といえば電気とガソリンを組み合わせたハイブリッドシステムです。
各自動車メーカーはハイブリッドシステムを搭載している自動車の開発や、
現行モデルのハイブリッドモデルを投入するのに力を入れています。

 

日本で環境性能の高い車といえばハイブリッドシステムが主流なのですが、
主に欧州ではハイブリッドよりもクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルのほうが需要が高いのです。
日本でも一部の自動車メーカーがこのクリーンディーゼルを搭載した車を開発販売しています。
ディーゼルエンジンと聞くとトラックで使われているエンジンで、
独特の臭いを持ち環境汚染を進めるどちらかというとマイナスイメージが強かったのではないでしょうか。
中古トラック市場にもディーゼルエンジンを搭載したトラックが多く出回っています。
そのディーゼルエンジン問題点を改良して開発されたのがクリーンディーゼルエンジンなのです。
クリーンディーゼルエンジンはガソリン車と比べても圧倒的にCO2の排出量が少ないのが特徴です。
しかも走りもパワフルで少しアクセルを踏むだけでも力強い走りが期待できるのです。
日本では環境性能を特に重視するのですが、
欧州では環境性能に加えて走行性能も求められるため、
ハイブリッドよりもクリーンディーゼルエンジンのほうが需要が高くなっているのです。
トラックにもこのクリーンディーゼルエンジンを搭載した車種が出ています。
パワフルな走りが期待できるクリーンディーゼルエンジンなら大型トラックでも力強い走りが期待できます。

 

 

 

 

 

トラックの最新安全機能

一般道、高速道路でもトラックが絡む事故が少なくなく、
中にはトラックドライバーの不注意によって引き起こされる事故もあるのです。
安全に道路を走行してもらうためにも、
トラックを開発販売しているメーカーでは安全機能の研究開発にも力を入れています。
トラックで長距離を走行することがありますが、
走行距離が長くなるとつい注意力と集中力が低下してしまい、
それが大きな事故につながる危険性があります。
そこでドライバーの運転状況を専用の監視カメラでモニタリングし、
注意力が低下したと察知したら警報を発生するシステムを搭載しているトラックもあるのです。
他にも白線を認識する機能を備えたトラックもあります。
これは普通乗用車にも搭載されている機能なのですが、
トラックが白線を自動で読み取って車線変更の時以外に車が白線をはみ出しそうになったときに、
それを警告する、自動でトラックの位置を修正してくれるのです。
また前方を走行する車との衝突事故を回避するための機能を持ち合わせたトラックもあります。
前方を走行している車との車間距離が一定の範囲内まで狭められときに車がそれを警告してくれる、
自動ブレーキシステムを搭載しているトラックであれば、

自動ブレーキが作動して前方の車や障害物に衝突する前に車を停めてくれるのです。
他にも横滑りを防止する機能を持ち合わせていたりと、
トラックの安全機能もどんどん向上しています。
中古トラック市場でも安全機能が搭載されているトラックは需要が高いので、
購入を希望されるなら販売業者に問い合わせや相談をしてみましょう。